丁寧に抑えておきたい点を覚書程度に書いてみました。なによりも信頼関係が大事のページです。

歯列矯正のモロモロ

なによりも信頼関係が大事

今回のHさんの矯正歯科のケースにおいて最も重要なことはなんでしょうか。それは、転医前の矯正歯科の先生との信頼関係ですね。信頼関係があったからこそ、まずHさんは主治医に相談できた。そして、主治医もHさんが不安にしていた治療費の問題をあっさり解決し、転医先に医院も安心できるところを紹介した。さらに、転医先の歯科医との引き継ぎもスムーズに終わらせ、患者に負担をかけないように気を配っていました。今回のHさんは大学受験に失敗しているので、それだけで精神的な負担は大きかったものと思います。それを感じて、主治医はできるかぎり負担をかけないように・患者を心配させないように転医をスムーズにしたものでしょう。世の中には10万医院近くの歯科医があります。その中で自分が信頼できる歯科医を選ぶことが何より大事ではないでしょうか。初診の時に自分の望みを全て伝えそれに全力で答えてくれそうかどうかそれである程度その歯科医の患者を大切にする姿勢がうかがえます。あきらめずに自分が信頼できる歯科医を探しましょう。

すぐに知ったかできそうな話をネットを参考に記事にしてみました。