丁寧に抑えておきたい点を覚書程度に書いてみました。矯正歯科医を途中で変えられる?のページです。

歯列矯正のモロモロ

矯正歯科医を途中で変えられる?

矯正歯科は治療期間が長いため、「途中で歯科医院を変えなければいけない事態になったらどうするんだろう」と思う方も少なくないようです。たしかに、治療期間は人によっても異なりますが、通常2年~4年位かかるものです。しかも矯正治療の治療方法にはさまざまな方法があるため、矯正歯科医によって治療方針も様々になってきます。そんな治療のなか矯正歯科医を変えるのは大きな決断ですね。といっても、急な転記や転校などでどうしても必要な場合があります。転医する場合気をつけるべきことをしっかり理解すれば、問題なく治療をつづけることができます。治療費の問題、転医先の医院での治療方針など事前に自分でしっかり学習し、現在の歯科医院と交渉し転医の準備を行いましょう。一番トラブルになりやすいのは治療費の問題だと言われています。「一括払いした治療費が戻ってくるのか」といったところが焦点ですね。通常の歯科医院であれば現在の治療に見合った報酬より余分に支配を受けている場合は返金してくれます。しかし、中には全く返金しない歯科医も存在するらしく、その場合はこじれることもあるようです。矯正治療を始める前に、「転医の場合の返金に関して」を事前に確認しておくことが大事になってきます。重要なことですから、めんどくさがらずにしっかり確認しましょう。

抑えておきたいポイントを懇切丁寧に掲載中。

抑えておきたいポイントを仕事の合間合間を縫いながらまとめてみました。